継手とは

継手とは二つの部分を接合する部品・装置のことであるが、さまざまな分野で使われており、それぞれの分野において意味合いは多少異なります。

継手について

継手とは

継手とは、字のままの意味をとらえるなら、部分と部分を接合する物のことですが、様々な分野で使われている言葉であり、それぞれの分野により多少意味合いが異なります。

簡単に説明しますと、まず金工における継手とは溶接継手・リベット継手・ネジ継手のことであり、建築における継手にはリベット・ボルト・溶接が使われ、木工における継手とは金輪継を始めとして多種の継手がありますし、配管における継手はフランジ継手・メカニカル継手などがあり、軸と軸を繋ぐ場合は軸継手、管と管を繋ぐ場合は管継手と呼ばれます。

また液体や気体の配管に使われる物は流体継手と言われ、これらはカップリング・フィッティング・ジョイントなどの名称で呼ばれます。

このように継手は様々な分野でそれぞれの用途によって使い分けられており、材質もゴム製・金属製などがあり、大きさも建築用でしたら大型になりますし、金工・木工・配管用でしたら小型の物から大型の物まで、色々な形状・材質の物が存在しますので、普段は意識していないかもしれませんが、継手は日常生活のあらゆる場面で使用されていて、それは快適な生活を支える上で欠かせないパーツですし、特に配管においては欠かせない部品と言えます。

※継手詳細はこちら


Copyright (C) www.mynappyrootsthemovement.com. All Rights Reserved.

継手について